交通事故で警察車両に追跡されて事故を起こすと被害者に保険が支払われない?

ここ数年の交通事情を見てみますと、悪質な運転をしていながらそれを警察車両に指摘されても無視して逃走した結果に追跡されると言うケースも良くあります。基本的に警察車両を運転する警察官は緊急走行などで訓練されていますので、一般人がどんなに逃走しても振り切れるものではありません。

そのため、精神的に追い詰められた追跡される者は第三者を巻き込んで事故を起こすことが多く、その結果として死亡や重い障害を負わせることも珍しくありません。このような状況では、逃走者の故意による逃走で引きこされた交通事故の被害者は逃走者の自動車保険で補償されないと思われがちですが基本的にどのような形でも補償はされます。

ただし、逃走者が追跡された警察に損害補償を求めても基本的に認められないことが多く、そこが警察における最大の逃げ場となっている分けですね。これにより、交通違反などで逃げた運転車は、自身の健康を含めて補償してもらえることが極めて難しくなるでしょう。