弁護士が指摘する年々リスクが高くなる心臓疾患による交通事故!

少子高齢化が加速する日本においては、高齢者のドライバーは必然的に増加して行く傾向にあります。しかし、それと同時に運転中における何らかの疾患によって運転不能になるケースも非常に多くなっていて、その中でも最も多いのが心臓疾患だとされています。

このような傾向は非常に宜しくない傾向でして、交通事故において更に負の連鎖を引き起こすことでも知られます。つまり、健康のすぐれない高齢者が引き起こした交通事故が、結果的に健康な高齢者が運転する車両までも巻き込んでしまって死に至らしめるケースです。

弁護士が指摘するのは健康的な高齢者であっても衝撃に強い訳ではないので、基本的に交通事故になれば致命傷を負うことも少なくないと言うことになります。よって、良くも悪くも高齢者ドライバーが車道で多くなる状況では高齢者自身も自らが運転に適しているかどうかを判断することが重要でして、それが出来なければ自ら運転免許証を返すべきかどうかを家族の方にでも問うべきでしょう。