渋滞が増えるこの時期に

年末年始は道路の渋滞も増えてきますね。どこに出かけるにも渋滞に遭遇するとぐったりしてしまいます。でも、そんな渋滞で疲れているときこそ交通事故は発生しやすくなるため、十分注意が必要です。渋滞が発生しているときに特に注意が必要な事故のひとつがバイクとの事故です。バイクは渋滞していると横をすり抜けていったり、渋滞の車列の間を右に行ったり左に行ったりしながら、いわゆるすり抜け走行をしていくものです。それで自動車の運転手はそうしたバイクが走行している可能性があることをいつも意識していることは大切です。例えば、渋滞で長い時間待っていてやっと交差点までたどり着いたとき、何とかこの青信号で曲がりたい、と思って無理をして左折をしようとするかもしれません。そんな時に道路の脇を直進走行してきたバイクを巻き込んでしまうものです。それで、渋滞の時こそ、しっかりとミラーで渋滞をすり抜けてくるバイクが後方にいないかどうかを確認しましょう。そしてバイクは自分が考えているよりも速く迫ってくるということも覚えておきましょう。ミラーにバイクが確認できた時はできる限り、先に行かせてから左折するようにしたほうが賢明です。バイクの巻き込み事故は多くの場合、非常に重大な事故になりかねません。それで年末年始、渋滞が増加するこの時期に交通事故を起こさないためにも、十分注意したいものです。もちろんバイクの乗り手側も危険なすり抜け走行はしないようにすることが大切です。