後遺障害認定を交通事故専門の弁護士に相談するメリット

交通事故に遭ったら早めの対処が大切だと思ったので弁護士へ相談したのに、門前払いされることがあります。もし「治療中の相談は受けられない」と言われた場合は、医学的知識のない弁護士かも知れません。なぜなら交通事故の後遺症認定には、医学的知識と法的手続きの知識の両方が必要だからです。最も重要なのは、後遺障害を申請するために提出する診断書が、きちんと後遺障害を証明する根拠を備えていることです。

交通事故に強い弁護士なら、後遺障害診断書に何を記載してもらうべきかを事前にアドバイスすることができます。その結果、法律の専門知識がない医師でも適切な診断書を書くことができ、後遺障害の等級認定をより確実なものにすることにつながります。

これが、交通事故専門の弁護士に相談することの最大のメリットです。

・この程度の症状では後遺障害は認められない
・治療が終わってから来てください

主治医や弁護士にこう言われた場合は、当サイトが推薦する交通事故専門の弁護士に一度ご相談ください。