交通事故でも厄介な未成年加害者への弁護士対応!

世の中で発生する数々の交通事故の内、最も考えさせられるケースと言うのはやはり加害者が未成年であることかもしれません。未成年が加害者の事故になると損害賠償に必要な様々な要素が欠如していることも多く、免許も無くて保険にも未加入など弁護士から言わせるとこれほど被害者が浮かばれないケースも無いでしょう。

未成年の場合はたとえ刑事罰を受けて交通刑務所に行ったとしても数年で出て来ることになり、どんなに弁護士が頑張っても最悪の場合は執行猶予が付くこともある分けです。

そして、最終的に民事訴訟に発展したとして決定された慰謝料についても自動車保険にて払えないとなると、家族における支払は大変壮絶なものとなりまして自宅を売却などして資金を作ることも視野に入れなければならなくなります。

何れにしても未熟な加害者によって引き起こされた交通事故案件は、被害者側だけではなく加害者家族にも不幸にさせることが非常に多いことでしょう。