無知が保険会社の利益になる。交通事故の後遺症と慰謝料

交通事故で後遺症が認定されたら次に何をすべきでしょうか?
何もしなければ保険会社から示談金の提示があり、ハンコを迫られます。

「保険会社が言うように、早く解決して事故のことを忘れたい」
「相手(加害者)との縁も1日も早く終わらせたい」
「安い気がするけどこんなものなのかもしれない」

ちょっと待ってください。
最初に提示される金額が妥当であることはまずありません。
交通事故専門の弁護士に示談書を持って相談をされることをお勧めします。認定された等級が申請した等級より低かった場合も、弁護士に相談して異議申し立てを検討されたほうがよい場合があります。

弁護士の相談料は1時間5000円~1万円が相場ですが、交通事故の場合は相談無料の弁護士事務所も多いです。弁護士に賠償金の再計算をしてもらうと、ほとんどの場合に賠償金がアップします。保険会社の提示額はそもそも低すぎるという裏付けです。

あとは弁護士特約など弁護士費用を抑える制度が利用できるかどうかや、弁護士報酬の金額などをきちんと説明してもらって、依頼すればどれだけプラスになるかを判断すればよいでしょう。