死亡交通事故で生活費が足りない場合の手続き

家計を支える人が交通事故で死亡すると、当面の生活費に困る場合があります。そのような交通事故被害者(遺族)を救済するための制度があります。それが「仮渡金請求」という権利があります。これは、死亡事故による損害賠償額が確定する前に、加害者の加入する自賠責保険会社から賠償金を先に受け取ることができる制度です。

およそ1週間程度でまとまったお金をもらえます。

仮渡金請求に必要な書類は下記の通りです。

1.仮渡金支払請求書(請求者)
2.請求者本人の印鑑証明書(市町村役場)
3.交通事故証明書(自動車安全運転センター)
4.事故発生状況報告書(運転者、被害者など)
5.委任状および委任者の印鑑証明書(委任者)
6.死亡診断書または死亡検案書(医師)
7.戸籍謄本(市町村村役場)

これらの書類を加害者側の自賠責保険会社へ提出すると、1週間程度で指定の口座へ仮渡金が振り込まれます。一度に請求できる金額は被害の程度によりますが、死亡事故の場合は290万円とされています。

葬儀費用など高額な出費が続くとき、仮渡金はとても役に立ちます。手続きで不明なことがあれば、交通事故に詳しい弁護士事務所の無料相談を利用しましょう。