交通事故で保険会社との交渉を弁護士に相談すべきケース

あなたが加入している自動車保険に「示談代行サービス」がついていたとしても安心はできません。示談代行サービスが使えるのは、あなたにも過失責任がある交通事故だけだからです。これは保険会社のサービス云々の話ではなく、保険料の支払いがない交通事故で保険会社が示談の場に出てくることは弁護士法によって禁止されているからなのです。

このような場合、交通事故の被害者は加害者側の保険会社を相手に交渉することになりますから、圧倒的に不利なのです。どんなに頑張っても保険会社から「それならこちらは弁護士を立てますから、弁護士と話し合ってください」と言われたらもうそれまでです。どんな保険会社も奥の手として弁護士を抱えています。

もし加害者側との交渉の末、相手が弁護士を立てると言ってきたら、先手を打たれる前にこちらも交通事故専門の弁護士が在籍する法律事務所へ相談をしましょう。当サイトでも交通事故に強い弁護士を紹介しています。