自家用車に乗せた友人が死亡した交通事故!弁護士はどう処理?

自家用車を運転して、助手席や後方座席に友人や知り合いを同乗させると言うケースもあるでしょう。この場合は、不幸にも交通事故に遭うと言う事も考えられます。もし、自家用車が他の車両と交通事故を起こした場合は、2つの車両に掛かっている保険の間で対人・対物補償を行うことになるでしょう。

しかし、自家用車で自損事故などを起こして同乗者が死亡してしまった場合などは、同乗者に遺族はどうやってドライバーに損害賠償を行えば良いのでしょうか?この場合は、自家用車に自動車保険の任意保険が掛けられていた場合は、同乗者の家族から運転者に対して対人賠償請求を行うことができます。

つまり、自損事故であれば同乗者でも被害者になると言う事です。また、万が一運転者が任意保険を掛けていなかった場合は自賠責保険と人身傷害保険を使って損害賠償請求を行うのが通常です。また、弁護士によれば同乗者が運転者によって好意同乗を行っていた場合でも損賠賠償額が減らされることはありません。