交通事故被害者が慰謝料で損をしない方法とは

交通事故の解決は最終的にはお金です。しかし保険会社からは、慰謝料は入院・通院の日数で計算するので上限が決まっていると説明されることが多いでしょう。

鵜呑みにすると大変なことになりかねません。

「保険会社のプロが言うんだから受け入れるしかない」

いいえ、むしろ相手がプロだからこそ気を付けなければなりません。

保険会社が言う上限とは、ほとんどの場合が自賠責の上限に近い慰謝料額になります。これは、自賠責の限度額を超える部分は保険会社が負担しなければならなくなるから上限を提示しているだけです。

本当は、交渉次第で慰謝料は変わるのです。交通事故専門の弁護士に交渉を任せれば、提示された上限より高額な(正当な)慰謝料を獲得できる可能性が高まります。

「目には目を、歯には歯を、保険会社には交通事故専門弁護士を」

これをスローガンにして被害者の権利をしっかり守りましょう。保険会社の言うがままに示談を進めてしまうと、取り返しのつなかいことになりかねません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です