業務上や仕事中に起きた交通事故は労災で処理してもらうべき?

交通事故と言うと一体どの様な状況で起こることが多いでしょうか?良くあるのがプライベートの走行中に対向車や先行車に追突したケースになりますが、意外に仕事で出先に行こうとしている場合に交通事故に巻き込まれることも多いのです。

しかし、仕事中に起きた交通事故で健康的被害を負った場合は、一見労働災害に見えるものでも基本的に相手の側の自動車保険を使って賠償してもらっても大丈夫です。基本的に業務上の交通事故は労災で処理することが推奨されていますが実際のところ強制は受けないと言えます。

それでも、過失割合が自分に多かったりすると自動車保険では慰謝料の取得が不利になりますので、この場合は過失の影響を受けない労災で処理してもらうことも出来るでしょう。ただし、何れにしても自動車保険で何らかの不利な展開になりそうであれば、労災と使い分けることを覚えておくと便利なのです。

また、弁護士の存在を問わず、通勤時の交通事故については所属先によって労災にならないこともありますので注意しましょう。