交通事故処理で弁護士が若い女性になった!任せても大丈夫?

近年はテレビCMの影響もありまして、弁護士事務所でも女性弁護士を前面にだしてマーケティングを行って来るようになりました。それぐらい弁護士資格を持つ女性も増えていることが理解できますし、女性弁護士に対するニーズが高まっているのも強く頷けます。

最近は交通事故に遭った方が弁護士事務に処理代行をお願いしに行ったところ、本来期待していた経営者である弁護士が担当するのではなくて若い女性の弁護士が担当することになったと言う事も多くなっているでしょう。しかし、専門性が必要とされる交通事故案件の処理に若い女性弁護士は役に立ってくれるのでしょうか?

一般的に交通事故は男女関わらず10年以上はその案件に従事して専門性を高めないと、いろんな案件に対応することが難しいとされます。そのため、若い女性でも30代を越えたくらいで一定年数の処理経験を持つものであれば頼りになると言えるわけです。

それでも20代の女性弁護士が担当になるとするならば、確実な実績は持ち合わせていないことも多いので交通事故の弁護士には向いていません。