交通事故のための弁護士費用特約って実は司法書士にも使える?

交通事故が起こった時に被害者としては今の生活に出来るだけ影響を与えないようにしたいものでして、その場合は自分1人で処理をしていくことはあまりに非効率的だと言えるでしょう。そのため、法定代理人である弁護士を雇うことも珍しくなく、同時に弁護士費用を捻出できる保険特約もありますので以前よりも随分頼みやすくなった分けです。

しかし、この弁護士費用特約ですが実のところ司法書士に委任した際にも使えることが多いのをご存知ですか?この弁護士特約は厳密には『弁護士等費用特約』となっている自動車保険も多くなっています。

そうすると、弁護士以外の誰にでも使えると思う方もいらっしゃるのでしょうが、交通事故で法的に代理人となれるのは弁護士と140万円までの損害賠償請求であれば司法書士が可能となっています。

つまり、弁護士費用等特約でカバーされるのは弁護士以外では事実上司法書士だけとなるでしょう。それでも、費用対効果は別問題になりますので注意が必要です。