交通事故に精通した弁護士が見る自転車保険の加入者の急増!

現在の交通事故の案件にて非常に増加しているのが自転車によるケースとなります。実は最近、自転車保険への加入者が急増していると言われているのです。これは、自転車によって死亡事故が実際に発生して巨額の損害賠償を裁判で命ぜられた判例が出てきたことも大きな要因とされます。

これまで自転車は非常に手軽な乗り物で、運転免許も必要なくどこでも走ることが出来ると言う認識を持つ人が多かったものです。ところが、弁護士によると最近は自転車に関わる交通事故の深刻化によって、軽車両として改めて規制される動きが強まっているでしょう。

しかし、自転車でも1億円近くの損害賠償が命ぜられることが一般化して行く流れが出来たことで、自転車に乗る多くの方が交通安全意識を急速に高めだしたと言う分けです。

自転車に関して現在は高齢者による利用が極めて多いこともあって、今後は自転車関連の交通事故は自動車以上により身近で頭の痛い問題になって行くのかもしれません。