交通事故を専門に扱う弁護士の実態-示談編-

交通事故における案件のほとんどの当事者が通る道となるのが示談交渉になります。この示談交渉は基本的に、被害者若しくは保険会社が加害者側の保険会社と進めることが今までは一般的でした。ところが、このパターンになりますと保険会社の希望額で被害者に示談成立させることがほとんどです。

ここで注意すべきなのは、加害者の過失が大きいことが明らかなのであれば被害者は示談も有利に進められると言う事です。この倍に保険会社から納得のいかない示談額を呈示された場合はすぐに弁護士を雇って対応しなければなりません。なぜなら、過失割合の多い加害者に対する示談に関しては弁護士が訴訟をチラつかせることで保険会社が折れることが多いからでしょう。

負けると分かっている裁判に発展すると慰謝料以外に弁護士報酬と遅延金などを上乗せした金額を支払わなければならないことが多くなり、保険会社も負け戦は避けたいからになるからでしょう。これにより、被害者の過失の少ない示談は弁護士も積極的に仕事を引き受けてきます。