交通事故の損害賠償で弁護士を活用して勝てる割合とは?

最近は交通事故でトラブルが起きて、当事者間の損害賠償を行う上で弁護士の活用が非常に処理もスムーズだと言われるようになりました。これは、弁護士を雇うことで慰謝料を保険会社から取れやすいと言う事が大きな理由のようです。

しかし、これを以て弁護士が損害賠償の交渉に勝てる割合はどれくらいという話をするのは非常に難しいと言えます。なぜなら、どのような結果が勝ちで負けかということも判断が付きにくいケースも多いからです。基本的に損害賠償は被害者・加害者の過失割合が大きなカギとなりますが、過失が少なくても損害賠償額がそれほど高くないことがあるでしょう。

また、金額は取れなくても加害者を刑務所に送ることが出来たと言うケースもあって、ケースごとで勝つ意義や結果も大きく異なることも認識しなければならないのです。それでも少なくとも言えることは、弁護士を雇うことで交渉力が増して、交渉時の精神的負担を大幅に緩和できると言う点は間違いありません。