なぜ集団登下校中の小学生が交通事故の犠牲になることが多い?弁護士が分析!

日本ではまだまだ子供が独り歩きできるような安全性は備えていると言えますが、以前と比べますと地域コミュニティが非常に弱まっている地域もあるので子供1人1人を把握出来ないと言う現状もあるでしょう。また、経済的な問題を持つ方や社会不安を抱く方が増えたこともあって、問題行動を起こす人が多くなっているのは否めません。

そのため、最近は安全を来すために集団登下校を行っている学校も多いのですが、交通事故を担当する弁護士の分析に依ると集団で登下校することで路上にて孤立しない子供を少なくするメリットはあるものの、むしろ子供が固まって並んで歩行しているために一旦交通事故が起きると状況が深刻化してしまうということです。

結果的に子供をはねた加害車両は言い逃れ出来ませんが、少なくとも児童各々が分かれて登下校する場合よりもドライバーが緊張感を持って運転することが少なくなっているとも言えるでしょう。交通安全上で集団登下校が本当に安全なのか再検証してみる必要があります。