交通事故弁護士が指摘する軽自動車交通事故の非常に高い危険性!

平日・週末問わずに発生することの多い交通事故、最近は普通自動車だけでなくて軽自動車の登録台数も非常に多くなっています。しかし、交通事故を多く扱う弁護士に言わせると軽自動車が交通事故に遭う頻度は普通自動車よりもさらに多いとされているのです。

この大きな原因として軽自動車が普通車に煽られやすく、交通事故に巻き込まれやすいと言う傾向にあるからでしょう。軽自動車は普通自動車に比べて小回りは利くものの、機動性に優れているとは言えません。そのため、スピードにストレスを感じやすいドライバーが普通車を運転していると後方からプレッシャーを掛けられることもあります。

これで交通事故になりますと後方の普通乗用車の過失は大きくなりますが、スピードの出しにくい軽自動車な不用意な交通事故に巻き込まれてしまう傾向はどうしても否めません。そのため、このような事態になる前に積極的に道を譲るなどの気配りも必要になって来ることでしょう。