交通事故の時に弁護士費用特約の使用を渋る保険会社担当者の実情とは?

現在のところ自動車保険に加入する場合に人気急上昇している特約として、弁護士費用特約と言うのが存在しています。これは多くの保険会社の勧誘員が特にオススメの特約になりますので、現在では非常に多くの方が附帯することになっているでしょう。

しかし、いざ交通事故が起こってしまうとどうでしょう。保険会社における多くの交渉担当者は、被害者がいざこの特約を適用させようとすると理由を付けて何とか適用させないように仕向けてきます。例えば、特約を使わなくても弁護士費用分は相手側の慰謝料で賄えるとか、最悪の場合は使うと等級が落ちると話してくる担当者も居るくらいです。

このような理由付けは基本的に良い分けであることが多く、特に弁護士費用特約を適用しても等級が落ちることはありませんので完全に嘘になるでしょう。また、基本的に交通事故を担当する弁護士は報酬が保険会社から保証されていると能力を最大限に発揮してくれるようになりますので、業務へのモチベーションを上げさせるのに非常に役立ちます。