交通事故の処理を受けた弁護士が依頼者の意思に反して業務を放棄することもある?

いつ起きるか分からない交通事故に関して、現在多くの被害者は弁護士を活用することも増えています。これは、日常の生活を抱えながら損害賠償などを処理していくのは大変困難だからです。通常は交通事故を多く扱う弁護士に委託しますが、時として案件を引き受けたものの賠償額が少ないと判断されると案件を放棄する場合もあります。

このケースは非常に悪質なものとなりますので全体の数からすると非常に少ないのですが、本来は最初の相談時で依頼を受けられないことを判断すればよい訳です。しかし、一部の心無い弁護士になるとこのような業務を行うこともあって、時折弁護士会などの関係団体に通知がなされるほどなのでしょう。

基本的に専門で交通事故を扱っている弁護士になるとこのような一旦委託後の放棄は極めて稀ですが、いろんな案件を扱うことの多い弁護士事務所になりますと今回のようなケースに当たってしまうことも十分に考えられますので注意したいところですね。